経営心得

経営心得

組織と人

【組織の論理】 組織というものは、 いったん出来上がると、 奉仕すべき対象よりも、 組織それ自体の存続のほうが 常に優先するという危険をはらんでいる。 【優れた組織】 よい組織とは、 優れた顧客サービスができ、 ...
経営心得

未来事業

【現在の商品】 どんな優れた商品でも、 斜陽化してゆくことは 避けられない。 【三年後の収益】 社長とは、 企業の将来に手を打つ人である。 【新事業の成否】 社員にまかせても良いような新事業は、 はじめ...
経営心得

経営の数字

【最低限必要な利益】 企業が必要とする最小限利益とは、 三年間売上が横這いでも、 三年目で赤字転落しない額である。 【コスト病】 大切なことは、 「コスト」ではなく 「収益」である。 【採算性】 大きな...
経営心得

事業と販売

【自分で売る】 いつ、いかなる場合にも、 自らの商品は、 自らの手で売らなければならない。 【販売を阻害するもの】 お客様を忘れた自己本位の考え方を 「天動説」という。 この「天動説」が とことん販売を阻害する。...
経営心得

最高責任者としてのあり方

【正しい姿勢】 いい会社とか悪い会社とかはない。 あるのは、いい社長と悪い社長である。 【ワンマン経営】 ワンマン経営こそ本当である。 【社長の基本的志向】 社長の決定はすべて 外部への対応であり、 未来...
経営心得

事業活動の本質

【会社の支配者】 会社の真の支配者は、お客様である。 【変化の対応】 事業経営とは、 変転する市場と顧客の要求を見極め、 これに合わせてわが社をつくりかえることである。 【事業の成果】 事業の成果は、 お...
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました